×

Instructorインストラクター

Makiko山本麻記子

Makiko山本麻記子

10歳の時にダンスに出会い、ジャズダンスを怒田智子氏のもとで学ぶ。高校卒業後、ニューヨークのBroadway Dance Centerに留学、Barbara Duffy氏から学ぶ中、多くのタップダンサーより影響を受ける。帰国後上京、国内外で幅広く活動する「ARTN Company」のメンバーとして、みすみ”Smilie” ゆきこ氏に師事。
2015年、活動拠点を地元岡山に移し、タップダンスの普及に努めている。2018年5月より ソロ活動開始。
Chicago,Taipei,Minneapolis,Korea,などの海外でのパフォーマンス、国内でのイベントやライブ活動のほか、2012年アメリカ Jacob’s Pillow Tap Program に参加、Washington DC,The John F. Kennedy Centerにて「JUBA!」にも出演した。
多くのタップマスターや師から受け継いだ精神を胸に、生命力溢れるエネルギーを躍動感と音色に込め発信すべく、ミュージシャンとして、そしてダンサーとして意欲的に活動中

Masae高取正恵

Masae高取正恵

大学生の時、タップとジャズダンスを習い始める。 結婚を機に離れていたが、育児の手が離れ、 TheCONVOYの舞台を観て、歳を重ねてもやっぱり 踊りたい!とレッスン再開。 タップを、山本麻記子先生、小松未佳先生に師事。 ミュージカルを観ることが大好き。 ジャズダンスも日々精進中。